当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

医師転職で年収アップは可能?給与相場を年代・勤続年数・診療科・地域別に解説

「当サイトではアフィリエイト広告を利用しています」

医師は、他の職種と比べても高収入の職業として知られています。しかし、現在の勤務先の給与に不満がある、より高い年収を狙いたいという医師は多いのではないでしょうか。

医師の平均年収は、約1,800万円です。他の職種と比べて圧倒的に高い水準ですが、それでも、現在の勤務先の給与に不満がある、より高い年収を狙いたいという医師は多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では、医師転職で年収アップが可能かどうか、年代・勤続年数・診療科・地域別に給与相場を解説します。

年代別給与相場

年代別に給与相場を見ると、以下のようになります。

年代平均年収
初期研修医約400万円
専攻医約600万円
専門医取得後5年未満約1,000万円
専門医取得後5年以上約1,800万円

初期研修医の年収は、他の職種と比べても低い水準です。しかし、専攻医になると年収が大幅にアップし、専門医取得後はさらに年収が伸びていきます。

年代別給与相場

医師の年収は、年代によって大きく異なります。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2022年の医師の平均年収は1,248万円です。これは、全産業平均の476万円を大きく上回る水準です。

年代別に年収を見ると、以下のようになります。

年代平均年収(万円)
20代600万円
30代800万円
40代1,100万円
50代1,300万円
60代1,400万円

20代は、まだ研修医や専攻医として経験を積んでいる段階であり、年収は比較的低めです。

30代になると、専門医を取得して経験年数も増えるため、年収も徐々に上昇していきます。

40代になると、専門医として活躍する医師が増え、年収はさらにアップします。

50代になると、管理職や指導医として活躍する医師も増え、年収はピークを迎えます。

60代になると、定年が近づくため、年収は徐々に下がります。

なお、年代別の年収は、勤務先の規模や地域、診療科などによっても異なります。

年収アップを狙うためのポイント

年代別に年収が上がっていく傾向はありますが、年収アップを狙うためには、以下のようなポイントがあります。

  • スキルアップや資格取得を目指す

専門医や認定医などの資格を取得することで、年収アップにつながります。また、海外留学や研修に参加して、新しい知識や技術を身につけることも有効です。

  • 勤務先を変更する

現在の勤務先よりも年収が高い医療機関に転職することで、年収アップを実現できます。

  • 非常勤勤務をする

常勤勤務に加えて、非常勤勤務をすることで、収入を増やすことができます。

年収アップを狙うためには、自分のスキルや経験を棚卸しして、どのような方法で年収を上げることができるのかを検討することが大切です。

勤続年数別給与相場

勤続年数別給与相場

医師の年収は、勤続年数によっても大きく異なります。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2022年の医師の平均年収は1,248万円です。これは、全産業平均の476万円を大きく上回る水準です。

勤続年数別に年収を見ると、以下のようになります。

勤続年数平均年収(万円)
1年未満573万円
1~4年685万円
5~9年951万円
10~14年1,247万円
15年以上1,663万円

1年未満の研修医や専攻医は、まだ経験が浅いため、年収は比較的低めです。

1~4年目は、専門医を取得して経験も増えるため、年収も徐々に上昇していきます。

5~9年目は、専門医として活躍する医師が増え、年収はさらにアップします。

10~14年目になると、管理職や指導医として活躍する医師も増え、年収はピークを迎えます。

15年以上になると、定年が近づくため、年収は徐々に下がります。

なお、勤続年数別の年収は、年代や診療科などによっても異なります。

年収アップを狙うためのポイント

勤続年数によって年収が上がっていく傾向はありますが、年収アップを狙うためには、以下のようなポイントがあります。

  • スキルアップや資格取得を目指す

専門医や認定医などの資格を取得することで、年収アップにつながります。また、海外留学や研修に参加して、新しい知識や技術を身につけることも有効です。

  • 勤務先を変更する

現在の勤務先よりも年収が高い医療機関に転職することで、年収アップを実現できます。

  • 非常勤勤務をする

常勤勤務に加えて、非常勤勤務をすることで、収入を増やすことができます。

年収アップを狙うためには、自分のスキルや経験を棚卸しして、どのような方法で年収を上げることができるのかを検討することが大切です。

勤続年数別年収アップの具体的な方法

勤続年数別に、年収アップを実現するための具体的な方法をご紹介します。

  • 1年未満

研修医や専攻医は、まだ経験が浅いため、まずは専門医を取得して、臨床能力を高めることが重要です。また、海外留学や研修に参加して、新しい知識や技術を身につけることも有効です。

  • 1~4年

専門医を取得して、臨床経験を積む時期です。専門医の資格を取得することで、年収アップを実現できます。また、海外留学や研修に参加して、専門性を高めることも有効です。

  • 5~9年

専門医として活躍する時期です。専門医の資格を活かして、管理職や指導医を目指すことで、年収アップを実現できます。また、海外留学や研修に参加して、知識や技術をさらに高めることも有効です。

  • 10~14年

管理職や指導医として活躍する時期です。管理職や指導医の資格を取得することで、年収アップを実現できます。また、海外留学や研修に参加して、リーダーシップやマネジメント力を高めることも有効です。

  • 15年以上

定年が近づく時期です。専門医や認定医などの資格を取得して、専門性を高めておくことで、年収アップを維持することができます。また、海外留学や研修に参加して、新しい知識や技術を身につけることも有効です。

なお、年収アップを実現するためには、スキルアップや資格取得だけでなく、勤務先の変更や非常勤勤務なども有効な手段です。自分の状況や目標に合わせて、最適な方法を選択することが大切です。

診療科別給与相場

診療科別給与相場

医師の年収は、診療科によっても大きく異なります。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2022年の医師の平均年収は1,248万円です。これは、全産業平均の476万円を大きく上回る水準です。

診療科別に年収を見ると、以下のようになります。

診療科平均年収(万円)
脳神経外科1,480
産科・婦人科1,466
外科1,374
麻酔科1,335
整形外科1,289
呼吸器科・消化器科・循環器科1,267
内科1,247
精神科1,230
救急科1,215
小児科1,220

脳神経外科や産科・婦人科、外科は、高度な専門知識や技術が求められるため、年収が高くなっています。麻酔科や整形外科も、高度な技術が求められる診療科です。

内科は、幅広い疾患を扱う診療科です。専門医の資格を取得することで、年収アップを実現できます。

精神科は、患者との対話が中心となる診療科です。患者の心理的サポートに高いスキルが求められるため、年収が高くなっています。

救急科は、24時間365日対応が求められる診療科です。そのため、残業や当直が多く、年収が高くなっています。

小児科は、子どもの健康を守る診療科です。子どもの成長や発達に寄り添うスキルが求められるため、年収が高くなっています。

なお、診療科別の年収は、勤務先の規模や地域、勤続年数などによっても異なります。

年収アップを狙うためのポイント

診療科によって年収に差があることはありますが、年収アップを狙うためには、以下のようなポイントがあります。

  • 専門医や認定医などの資格を取得する

専門医や認定医の資格を取得することで、年収アップにつながります。また、海外留学や研修に参加して、新しい知識や技術を身につけることも有効です。

  • 勤務先を変更する

現在の勤務先よりも年収が高い医療機関に転職することで、年収アップを実現できます。

  • 非常勤勤務をする

常勤勤務に加えて、非常勤勤務をすることで、収入を増やすことができます。

年収アップを狙うためには、自分のスキルや経験を棚卸しして、どのような方法で年収を上げることができるのかを検討することが大切です。

地域別給与相場

地域別に給与相場を見ると、以下のようになります。

地域平均年収
都市部約1,800万円
地方部約1,500万円

都市部に比べて、地方部の給与相場は低くなる傾向にあります。しかし、地方部でも、医師不足が深刻な地域では、高水準の年収を設定している医療機関も少なくありません。

地域別給与相場詳細

医師の年収は、地域によっても異なります。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2022年の医師の平均年収は1,248万円です。これは、全産業平均の476万円を大きく上回る水準です。

地域別に年収を見ると、以下のようになります。

地域平均年収(万円)
東京都994.5
大阪府1,167.0
福岡県920.8
岩手県1,851.0
鹿児島県1,750.0
長野県1,636.0
高知県1,617.0
福島県1,590.0

東京都は、医師の人口が最も多く、競争も激しいため、年収は比較的低めです。大阪府や福岡県も、医師の人口が多い地域です。

一方、岩手県、鹿児島県、長野県、高知県、福島県は、医師の人口が少ない地域です。そのため、医師の需要が高く、年収が高くなっています。

なお、地域別の年収は、勤務先の規模や診療科、勤続年数などによっても異なります。

年収アップを狙うためのポイント

地域によって年収に差があることはありますが、年収アップを狙うためには、以下のようなポイントがあります。

  • 専門医や認定医などの資格を取得する

専門医や認定医の資格を取得することで、年収アップにつながります。また、海外留学や研修に参加して、新しい知識や技術を身につけることも有効です。

  • 勤務先を変更する

現在の勤務先よりも年収が高い医療機関に転職することで、年収アップを実現できます。

  • 非常勤勤務をする

常勤勤務に加えて、非常勤勤務をすることで、収入を増やすことができます。

年収アップを狙うためには、自分のスキルや経験を棚卸しして、どのような方法で年収を上げることができるのかを検討することが大切です。

地域別年収アップの具体的な方法

地域別に、年収アップを実現するための具体的な方法をご紹介します。

  • 東京都

東京都は、医師の人口が最も多く、競争も激しいため、年収アップを実現するのは難しいかもしれません。しかし、専門医や認定医の資格を取得したり、海外留学や研修に参加したりして、スキルアップを図ることで、年収アップを狙うことができます。また、非常勤勤務をすることで、収入を増やすこともできます。

  • 大阪府・福岡県

大阪府や福岡県も、医師の人口が多い地域です。そのため、競争も激しく、年収アップを実現するのは難しいかもしれません。しかし、専門医や認定医の資格を取得したり、海外留学や研修に参加したりして、スキルアップを図ることで、年収アップを狙うことができます。また、非常勤勤務をすることで、収入を増やすこともできます。

  • 岩手県・鹿児島県・長野県・高知県・福島県

岩手県、鹿児島県、長野県、高知県、福島県は、医師の人口が少ない地域です。そのため、医師の需要が高く、年収アップを実現しやすい環境にあります。専門医や認定医の資格を取得したり、海外留学や研修に参加したりして、スキルアップを図ることで、さらに年収アップを狙うことができます。また、非常勤勤務をすることで、収入を増やすこともできます。

なお、年収アップを実現するためには、スキルアップや資格取得だけでなく、勤務先の変更や非常勤勤務なども有効な手段です。自分の状況や目標に合わせて、最適な方法を選択することが大切です。

まとめ

医師転職で年収アップは可能です。年代・勤続年数・診療科・地域などによって、給与相場は大きく異なりますが、いずれの条件でも、転職によって年収アップを実現できる可能性は十分にあります。

年収アップを狙うなら、まずは自分の現在の給与相場を把握することが重要です。また、転職先の選択肢を広げるために、複数の求人サイトに登録しておくとよいでしょう。

さらに、転職エージェントに相談するのもおすすめです。転職エージェントは、医師転職に精通したキャリアコンサルタントが、あなたの希望条件に合った求人を紹介し、転職活動をサポートしてくれます。

年収アップを狙うための具体的なポイント

年収アップを狙うための具体的なポイントをいくつかご紹介します。

専門医を取得する

専門医を取得することで、年収は大幅にアップします。専門医は、特定の診療科のスペシャリストとして認められた医師のことで、取得には厳しい試験や研修を経る必要があります。

勤務先を地方部に移す

都市部に比べて、地方部の給与相場は低くなる傾向にあります。しかし、地方部でも、医師不足が深刻な地域では、高水準の年収を設定している医療機関も少なくありません。

複数の求人を比較する

複数の求人を比較することで、より良い条件の求人を見つけることができます。求人サイトや転職エージェントを利用すると、効率的に求人を探すことができます。

転職エージェントに相談する

転職エージェントは、医師転職に精通したキャリアコンサルタントが、あなたの希望条件に合った求人を紹介し、転職活動をサポートしてくれます。

年収アップを狙って医師転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントの詳細はこちら↓↓↓

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました