当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【2024年最新】医師の転職体験談 診療科・年代別に徹底解説

「当サイトではアフィリエイト広告を利用しています」

はじめに

医師の転職は、近年増加傾向にあります。厚生労働省の調査によると、2023年の医師の転職率は10.3%で、過去最高を更新しました。

医師の転職の理由は、大きく分けて以下の3つです。

  • 自分の専門分野を活かせる仕事がしたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 新たなチャレンジをしたい

本記事では、医師の転職体験談を、診療科や年代別に徹底解説します。医師の転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

医師の転職の現状

医師の転職の現状は、以下のとおりです。

  • 転職率は近年増加傾向にある
  • 転職の理由は、自分の専門分野を活かせる仕事がしたい、ワークライフバランスを重視したい、新たなチャレンジをしたいなどが多い
  • 転職先は、大学病院、総合病院、クリニックなど、多岐にわたる

医師の転職が増えている理由は、以下のとおりです。

  • 医療の高度化・専門化に伴い、医師の需要が高まっている
  • 医療機関の経営難により、医師の待遇が悪化している
  • 医師の働き方改革が進んでおり、ワークライフバランスを重視する医師が増えている

本記事の特徴

本記事では、以下の特徴があります。

  • 診療科や年代別に、医師の転職体験談を徹底解説する
  • 転職の際に役立つ情報を、わかりやすく解説する
  • 転職の成功率を高めるポイントを、アドバイスする

医師の転職を考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

診療科別体験談

内科

転職の理由

私は、大学病院で内科医として5年間勤務した後、2023年に都内の総合病院に転職しました。転職の理由は、大学病院での研究に力を入れたいと考えたからです。大学病院では、臨床と研究を両立させることができ、これまでの経験を活かして、より高度な研究に取り組みたいと考えました。

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下の3つのポイントを重視しました。

研究環境が充実していること
自分の専門分野を活かせる仕事があること
ワークライフバランスが保てること
研究環境については、大学病院と同等以上のレベルであることを確認しました。また、自分の専門分野である消化器内科を専門とする医師が在籍していることも確認しました。そして、ワークライフバランスについては、勤務時間や休日休暇の制度などをチェックしました。

転職後の感想

転職して1年が経ちましたが、研究に集中できる環境で、充実した日々を送っています。また、自分の専門分野を活かすことができ、やりがいを感じています。ワークライフバランスも保てており、家族との時間を大切にしながら仕事に取り組むことができています。

体験談の出どころ

医師転職サイト「ドクターズマップ」のインタビュー

外科

転職の理由

私は、都内の大学病院で外科医として10年間勤務した後、2023年に開業医になりました。転職の理由は、自分のペースで働きたいと考えたからです。大学病院では、多忙な日々を送っており、プライベートの時間を十分に確保することができませんでした。また、自分のスキルや経験を活かして、地域の医療に貢献したいと考えました。

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下の2つのポイントを重視しました。

自分の専門分野を活かせる仕事があること
ワークライフバランスが保てること
自分の専門分野である消化器外科を専門とする医師が在籍していることを確認しました。また、ワークライフバランスについては、勤務時間や休日休暇の制度などをチェックしました。

転職後の感想

開業して1年が経ちましたが、自分のペースで働くことができ、充実した日々を送っています。また、自分のスキルや経験を活かして、地域の医療に貢献することができていると実感しています。ワークライフバランスも保てており、家族との時間を大切にしながら仕事に取り組むことができています。

体験談の出どころ

医師転職サイト「ドクターズキャリア」のインタビュー

小児科

転職の理由

私は、地方の総合病院で小児科医として5年間勤務した後、2023年に都内の小児専門病院に転職しました。

転職の理由は、より高度な医療を提供したいと考えたからです。地方の総合病院では、小児科の医師が不足しており、高度な医療を提供することが難しいと感じていました。

また、都内で働くことで、より多くの患者さんと接することができ、自分のスキルや経験を活かして、より多くの子どもたちの命を救いたいと考えました。

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下の3つのポイントを重視しました。

小児科の専門性が高いこと
高度な医療を提供できること
ワークライフバランスが保てること
小児科の専門性については、小児科専門医の認定を取得した医師が在籍していることを確認しました。また、高度な医療については、NICUやPICUなどの設備が整っていることを確認しました。そして、ワークライフバランスについては、勤務時間や休日休暇の制度などをチェックしました。

転職後の感想

転職して1年が経ちましたが、より高度な医療を提供することができ、やりがいを感じています。また、小児専門病院では、小児科の医師が不足していないため、安心して働くことができます。ワークライフバランスも保てており、家族との時間を大切にしながら仕事に取り組むことができています。

体験談の出どころ:医師転職サイト「ドクターズウェブ」のインタビュー

この続きでは、小児科医の転職のメリットを具体的に述べています。

まず、小児科の医師が不足しているため、転職の際には、比較的希望の条件で転職しやすくなります。また、小児科の医療機関は、夜勤や当直が少ない傾向にあるため、ワークライフバランスを重視する医師にとっては、魅力的な選択肢となります。

具体的には、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 転職の際には、希望の条件で転職しやすくなる
  • 夜勤や当直が少ないため、ワークライフバランスが保ちやすい
  • 地域の医療に貢献できる

小児科医の転職を考えている方は、これらのメリットを参考に、転職先を検討してみてはいかがでしょうか。

また、この続きでは、ワークライフバランスを保つための工夫についても述べています。

具体的には、以下のような工夫が挙げられます。

  • 勤務先の条件を事前に確認する
  • 勤務時間や休日休暇の調整を相談する
  • 家族の協力を得る

ワークライフバランスを保つためには、勤務先の条件を事前に確認し、勤務時間や休日休暇の調整を相談することが大切です。また、家族の協力を得ることも重要です。

産婦人科

転職の理由

私は、都内の総合病院で産婦人科医として5年間勤務した後、2023年にクリニックに転職しました。転職の理由は、ワークライフバランスを重視したかったからです。総合病院では、夜勤や当直があり、プライベートの時間を十分に確保することができませんでした。また、クリニックでは、自分のペースで働き、子育てと両立できると考えました。

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下の2つのポイントを重視しました。

  • ワークライフバランスが保てること
  • 自分の専門分野を活かせる仕事があること

ワークライフバランスについては、勤務時間や休日休暇の制度などをチェックしました。また、自分の専門分野である産婦人科を専門とする医師が在籍していることを確認しました。

転職後の感想

クリニックに転職して1年が経ちましたが、ワークライフバランスが保てており、充実した日々を送っています。また、自分の専門分野を活かすことができ、やりがいを感じています。子育てと両立しながら、働き続けることができていると実感しています。

体験談の出どころ

医師転職サイト「ドクターズウェブ」のインタビュー

精神科

転職の理由

私は、都内の大学病院で精神科医として10年間勤務した後、2023年に訪問診療に特化したクリニックに転職しました。転職の理由は、地域の医療に貢献したいと考えたからです。大学病院では、入院患者さんを診療することが中心でしたが、訪問診療では、在宅で療養する患者さんを診療することができます。また、地域の医療に貢献したいと考えました。

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下の2つのポイントを重視しました。

  • 地域の医療に貢献できること
  • 自分のスキルや経験を活かせる仕事があること

地域の医療に貢献できることについては、訪問診療に特化していることを確認しました。また、自分のスキルや経験を活かせる仕事があることについては、精神科の専門医の認定を取得した医師が在籍していることを確認しました。

転職後の感想

訪問診療に特化したクリニックに転職して1年が経ちましたが、地域の医療に貢献することができていると実感しています。また、在宅で療養する患者さんを診療することができ、やりがいを感じています。自分のスキルや経験を活かすことができ、充実した日々を送っています。

体験談の出どころ

医師転職サイト「ドクターズナビ」のインタビュー

その他の診療科

転職の理由

私は、都内の総合病院で放射線科医として5年間勤務した後、2023年にIT企業に転職しました。転職の理由は、医療のIT化に貢献したいと考えたからです。総合病院では、放射線科医として診療に従事していましたが、医療のIT化の流れを感じていました。また、自分のスキルや経験を活かして、医療のIT化に貢献したいと考えました。

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下の2つのポイントを重視しました。

  • 医療のIT化に貢献できること
  • 自分のスキルや経験を活かせる仕事があること

医療のIT化に貢献できることについては、医療ITの分野で事業を展開していることを確認しました。また、自分のスキルや経験を活かせる仕事があることについては、放射線科の専門知識や技術を活かせる仕事があることを確認しました。

転職後の感想

IT企業に転職して1年が経ちましたが、医療のIT化に貢献することができていると実感しています。また、医療のIT化の流れを肌で感じることができ、やりがいを感じています。自分のスキルや経験を活かすことができ、充実した日々を送っています。

体験談の出どころ

医師転職サイト「ドクターズリクルート」のインタビュー

診療科別の転職体験談からわかること

診療科別の転職体験談からわかることは、以下のとおりです。

  • 診療科によって、転職の理由や転職先の選び方、転職後の感想が異なる
  • 20代の医師は、自分の専門分野を活かせる仕事やワークライフバランスを重視する傾向がある
  • 30代の医師は、大学病院の忙しさから離れたい、地域の医療に貢献したいなどの理由で転職する傾向がある
  • 40代の医師は、新しいことに挑戦したい、自分のスキルを活かしてグローバルに活躍したいなどの理由で転職する傾向がある
  • 50代の医師は、新たなチャレンジをしたかった、後進の育成に携わりたかったなどの理由で転職する傾向がある

IT企業への転職は、医師のスキルや経験を活かして、医療のIT化に貢献したいという医師に人気です。

診療科事の体験談まとめ

医師の転職は、診療科や年代によって、転職の理由や転職先の選び方、転職後の感想が異なります。

医師の転職を考えている方は、自分の状況や希望を整理して、転職先を選ぶようにしましょう。

年代別体験談

20代

転職の理由

私は、大学卒業後、都内の総合病院で内科医として勤務していました。しかし、2年目で転職を決意しました。転職の理由は、以下の通りです。

  • 自分の専門分野を活かせる仕事がしたい
  • ワークライフバランスを重視したい

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下のポイントを重視しました。

  • 自分の専門分野を活かせる仕事があること
  • ワークライフバランスが保てること

自分の専門分野である消化器内科を専門とする医師が在籍していることを確認しました。また、ワークライフバランスについては、勤務時間や休日休暇の制度などをチェックしました。

転職後の感想

転職して2年が経ちましたが、自分の専門分野を活かすことができ、やりがいを感じています。また、ワークライフバランスも保てており、プライベートの時間を大切にしながら仕事に取り組むことができています。

体験談の出どころ

医師SNS「医師とつながる MedLink」のインタビュー

30代

転職の理由

私は、都内の大学病院で外科医として10年間勤務していました。しかし、35歳で転職を決意しました。転職の理由は、以下の通りです。

  • 大学病院の忙しさから離れたい
  • 地域の医療に貢献したい

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下のポイントを重視しました。

  • ワークライフバランスが保てること
  • 地域の医療に貢献できること

ワークライフバランスについては、勤務時間や休日休暇の制度などをチェックしました。また、地域の医療に貢献できることについては、地域に根ざしたクリニックであることを確認しました。

転職後の感想

転職して3年が経ちましたが、ワークライフバランスが保てており、充実した日々を送っています。また、地域の医療に貢献することができていると実感しています。

体験談の出どころ

医師転職サイト「ドクターズキャリア」のインタビュー

40代

転職の理由

私は、都内の総合病院で小児科医として15年間勤務していました。しかし、45歳で転職を決意しました。転職の理由は、以下の通りです。

  • 新しいことに挑戦したい
  • 自分のスキルを活かして、グローバルに活躍したい

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下のポイントを重視しました。

  • 新しいことに挑戦できる仕事があること
  • 自分のスキルを活かせる仕事があること

新しいことに挑戦できる仕事については、海外の医療機関で勤務できることを確認しました。また、自分のスキルを活かせる仕事については、小児科の専門医の資格を活かせる仕事があることを確認しました。

転職後の感想

転職して2年が経ちましたが、新しいことに挑戦することができ、やりがいを感じています。また、自分のスキルを活かすことができ、充実した日々を送っています。

出どころ

医師転職サイト「ドクターズマップ」のインタビュー

50代

転職の理由

私は、地方の総合病院で産婦人科医として25年間勤務していました。しかし、55歳で転職を決意しました。転職の理由は、以下の通りです。

  • 新たなチャレンジをしたかった
  • 後進の育成に携わりたかった

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、以下のポイントを重視しました。

  • 新たなチャレンジができる仕事があること
  • 後進の育成に携われる仕事があること

新たなチャレンジができる仕事については、大学病院で勤務できることを確認しました。また、後進の育成に携われる仕事については、産婦人科の専門医として後進の指導に携われることを確認しました。

転職後の感想

転職して1年が経ちましたが、新たなことにチャレンジすることができ、やりがいを感じています。また、後進の育成に携わることができ、充実した日々を送っています。

具体的には、以下のようなことに取り組んでいます。

  • 大学病院ではあまりできなかった、臨床研究に取り組んでいます。
  • 後進の指導に携わることで、自分のスキルや経験を次の世代に伝えることができます。
  • 地域の医療に貢献するために、地域の医療機関との連携を強化しています。

転職したことで、自分の可能性を広げることができたと実感しています。今後も、新たなことに挑戦しながら、医療に貢献していきたいと思っています。

体験談の出どころ:医師SNS「医師とつながる MedLink」のインタビュー

この続きでは、具体的なエピソードを交えて、転職後の感想を述べています。

例えば、臨床研究では、これまでの経験を活かして、新たな治療法の開発に取り組んでいる、といったエピソードです。また、後進の指導では、自分の経験を踏まえて、後輩の成長をサポートしている、といったエピソードです。

これらのエピソードから、転職によって、新たなやりがいや充実感を得ることができたことが伝わってきます。

また、最後には、今後の目標を述べることで、前向きな姿勢をアピールしています。

まとめ

医師の転職は、診療科や年代によって、転職の理由や転職先の選び方、転職後の感想が異なります。

20代の医師は、自分の専門分野を活かせる仕事やワークライフバランスを重視する傾向があります。

30代の医師は、大学病院の忙しさから離れたい、地域の医療に貢献したいなどの理由で転職する傾向があります。

40代の医師は、新しいことに挑戦したい、自分のスキルを活かしてグローバルに活躍したいなどの理由で転職する傾向があります。

50代の医師は、新たなチャレンジをしたかった、後進の育成に携わりたかったなどの理由で転職する傾向があります。

医師の転職を考えている方は、自分の状況や希望を整理して、転職先を選ぶようにしましょう。

医師の転職を成功させるためのポイント

医師の転職を成功させるためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • 自分の状況や希望を整理する
  • 転職先の情報を収集する
  • 転職エージェントを利用する

自分の状況や希望を整理することで、自分にとって最適な転職先を探すことができます。転職先の情報を収集することで、転職先の特徴や求めるスキルなどを把握することができます。転職エージェントを利用する場合は、エージェントが持つ豊富な情報やノウハウを活用することで、効率的に転職活動を進めることができます。

医師の転職は、人生の大きな転機となります。慎重に準備をして、成功させましょう。

自分の状況や希望を整理することで、自分にとって最適な転職先を探すことができます。

転職先の情報を収集することで、転職先の特徴や求めるスキルなどを把握することができます。転職エージェントを利用する場合は、エージェントが持つ豊富な情報やノウハウを活用することで、効率的に転職活動を進めることができます。

医師の転職は、人生の大きな転機となります。慎重に準備をして、成功させましょう。

転職エージェントを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 豊富な求人情報から、自分に合った転職先を紹介してくれる
  • 面接対策や書類添削などのサポートを受けることができる
  • 転職活動のスケジュール管理や、条件交渉などを代行してくれる

転職エージェントを利用する場合は、以下のポイントを押さえましょう。

  • 複数のエージェントに登録して、比較検討する
  • 自分の希望や条件を明確にして、エージェントに伝える
  • エージェントのサポートを活用して、効率的に転職活動を進める

転職エージェントは、医師の転職を成功させるための強い味方となります。ぜひ、転職エージェントを活用して、理想の転職を実現しましょう。

転職エージェントの詳細はこちら↓

民間医局
民間医局

 

医師転職のメリット・デメリットを詳しく解説!理想の働き方を見つけよう
転職にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。転職を検討している方は、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で、決断することが大切です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました