当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

「五十にして惑わず」とは、医師の身にも当てはまるか

「当サイトではアフィリエイト広告を利用しています」

五十にして惑わず。これは、孔子が説いた言葉である。五十歳を過ぎれば、人生の経験を積み重ね、何事にも惑わされず、自分の信念を貫くことができるという意味である。

しかし、現代社会において、五十歳を過ぎても人生はまだまだ始まったばかりである。まだ子供が小さく、教育費や生活費がかかり、転職しても今まで通りの生活が送れるかどうか、不安に思う医師も多いだろう。

そのような医師に、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の主人公、坊っちゃんの言葉を紹介したい。

「人生は一度きりだから、やりたいことをやりたい。たとえ、失敗したとしても、それはそれでいいじゃないか。人生は、失敗から学ぶものなのだから。」

坊っちゃんも、五十歳を過ぎてから、やりたいことをするために、転職をした。彼は、教師という職業に憧れていたが、地元の学校に就職することができず、やむなく東京に出てきた。しかし、東京の学校での仕事にも、なかなか馴染めず、挫折を味わった。

それでも、坊っちゃんは、自分の信念を貫き、やりたいことをやり続けた。そして、最後には、自分の理想とする学校を創ることができた。

坊っちゃんの物語は、やりたいことをやり続けることの大切さを教えてくれる。人生は一度きりだから、自分の信念を貫き、やりたいことをやり続けてほしい。

結論

人生は一度きりである。やりたいことをやり続けることは、決して簡単なことではない。しかし、その過程で、必ず何かを学び、成長することができる。

50歳を過ぎても、人生はまだまだ始まったばかりである。自分の信念を貫き、やりたいことをやり続けて、充実した人生を送ってほしい。

人生の選択は、誰にでも難しいものである。しかし、悩んでいる時間がもったいない。自分の信念を貫き、やりたいことをやり続けることで、必ず充実した人生を送ることができるはずである。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました