当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

医師の憂鬱、そして希望

「当サイトではアフィリエイト広告を利用しています」

医師は、人々の命を救う尊い職業である。しかし、その仕事は決して楽なものではない。長時間労働、高い責任、そして患者からの厳しい要求など、さまざまなストレスにさらされている。

ある日、ある医師が、こんなことを呟いた。

「この世に、医師が治せない病気がある。それは、家族の病気だ」

彼は、50代の男性医師だった。仕事はバリバリこなすが、プライベートでは次男が引きこもり、母親が認知症で悩んでいた。

彼は、自分のことは自分で解決できる。しかし、子供や親の病気は、いくら医師でも解決することはできない。

仕事も激務で、なかなか休めない。悩みが解決できないまま、毎日の仕事も大変で、彼は疲弊していた。

ある日、彼は、海辺を散歩していた。夕陽が沈む海を眺めながら、彼はふと思った。

「自分は、子供や親の病気を治すために、何ができるのだろうか?」

彼は、答えを見つけた。

「それは、彼らのそばにいて、支えることだ」

彼は、次男と母親と、もっと時間を過ごそうと決めた。

次男の部屋に行き、一緒にゲームをしたり、話をしたりした。母親の散歩に付き合い、一緒に買い物に出かけた。

最初は、なかなか打ち解けることができなかった。しかし、彼は、根気強く、彼らと向き合った。

そして、少しずつ、彼らとの関係は改善されていった。

次男は、部屋から出るようになり、母親も、以前より会話できるようになった。

彼は、仕事の忙しさを減らすことにも努めた。

休日は、家族と過ごしたり、趣味を楽しんだりした。

そうすることで、彼は、仕事のストレスから解放され、心が軽くなった。

彼は、今、こう思っている。

「子供や親の病気は、簡単には治らないかもしれない。しかし、彼らのそばにいて、支えることで、少しでも楽にさせてあげることができる。そして、自分自身も、希望を持って、前を向いて歩んでいくことができる」

結びの言葉

医師の方々は、日々、さまざまな苦労や悩みを抱えていることでしょう。しかし、決して一人で抱え込まないでください。周りの人に助けを求めましょう。

そして、自分自身も、希望を持って、前を向いて歩んでいきましょう。

希望は、暗闇の中で、一筋の光となって、私たちを照らしてくれるものです。

働き方を変えたい方へ↓↓↓↓

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました