JMC医師の転職支援サイト利用料金は有料なの?

こんにちは、いつもご訪問いただきありがとうございます。

今回は医師の転職支援サイトJMC(日本メディカルコネクション)利用料金は有料なのですか?と問い合わせがあり心配される方が多かったので真偽の程を調査しました。

JMC(日本メディカルコネクション)は、転職やアルバイト探しで医師をサポートする会社です。

常勤転職に強みを持ち、特に東京エリアの常勤にかなり強い、年収1800万以上の好条件求人を他社より多く保有している特徴があります。

また、JMCは他社には無い“ユニークな求人”を探すことが得意です。

興味のある方は今すぐ登録して無料の転職相談をしてみましょう。

【JMC】日本メディカルコネクション


 

JMC(日本メディカルコネクション)の会社概要です!

社名 日本メディカルコネクション株式会社
医師求人・転職・アルバイト市場をリードするJMC 日本メディカルコネクション株式会社
医師の人材紹介を通じて、日本の医療問題解決に貢献。ご希望に応じた求人探しをお手伝いいたします。
事業内容 医師専門の人材紹介
医師専門の求人情報サイト運営
許認可 厚生労働大臣許可 13-ユ-304725
資本金 6千万円 (資本準備金含む)
代表取締役社長 馬場直樹
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行

 

JMC医師の転職支援サイト利用料金は有料なの?

JMCは経験豊富なエージェントが集うプロフェッショナル集団です。社歴は浅いですが、個々のエージェントの経験年数は業界トップレベルです。

転職先に対する条件の整理、求人探し、書類作成、面接等の日程調整、入職書類の作成など忙しい医師をしっかりサポート、好条件・高額年収の交渉はもちろん、希望条件に見合う求人を病院と交渉してくれます。

又転職先の内情を詳しく知ることができたり、給与の交渉、面接の日程調整など物凄く手厚いサポートなので

「後から費用を請求されるのではないか」と心配になります。

「無料で利用できるんですよね?」

「お金が必要なんですか?無料だと思ってましたが?」

本当に無料で使えないのかJMC(日本メディカルコネクション)公式サイトにアクセスして問い合わせて調べましたので紹介したいと思います。

会員サービスをうけるために、何か費用はかかりますか?

原則、ご登録いただく先生方からは費用は頂戴いたしません。ご安心して、サービスをご利用ください。

JMC(日本メディカルコネクション)公式サイトより紹介

以上がJMC(日本メディカルコネクション)からの正確な情報です。

JMCはベテランエージェントが対応していることを強みとしています。

対応の一例として、ホスピタリティを重視するので、医師に対してしつこく連絡しないことや、より適切なマッチングのためエージェントは病院側と医師側の両者に対応している等、ソフト面を重視した細やかなサポートが期待できます。

JMC(日本メディカルコネクション)は無料で利用できますので医師の皆さん、安心して積極的に利用してくださいね。

 

【JMC】日本メディカルコネクション

JMC(日本メディカルコネクション)を利用するメリットはなんでしょう?

以下のようなメリットがあります。

1.医療機関の内情や求人内容について、詳しい説明がエージェントから受けられます。

2.一般媒体では得ることのできない、非公開求人情報が手に入ります。

3.直接医療機関に聞きにくい内容を、エージェントが間に入ることによって、面接の日程調整から条件面の折衝、内定後のフォローまで幅広く対応してくれます。

 

口コミ評判はこちらから!

 

私は4年ほど前に退局しとある民間病院で自分の専門である科目の責任者として赴任しました。当初は、医局時代には実感できなかった経営的な責任感や自分のやりたいことが出来ているという感覚がありました。しかし、時節柄病院経営悪化のしわ寄せがきてしまい、人も辞めはじめ納得のできる仕事が出来ていないと感じるようになりました。不採算の科目は閉めた方が良いというような意見も出てくるようになり自分の身の振り方を考えるようになりました。

そんな時期に登録してあったJMCで経営状態健全で私の専門分野に強い病院の求人があり問い合わせをしました。先方からも私に興味があると言っていただき、その後はエージェントの助けもあり、面接から条件調整などスムーズに運ぶことができました。

転職前の不安からも解放され、今では毎日充実して過ごすことができています。

JMC(日本メディカルコネクション)公式サイトより

 

私は地方在住の医師です。 数年前転職の際にJMC 医師転職支援サービスを利用させてもらいました。 大手の会社ばかりある中、聞いたことない名前だと思ってサイトを見たのがきっかけですね。天の邪鬼ですよね(笑) 会社も東京だけのようなので、地方のサポートしているのかなと半信半疑で連絡したのですが、非常に連絡のスピードが早く、スムーズなやり取りができたので最初から印象はよかったです。 地方都市だと、都心部よりもより医局の流れが強いので…転職をすべきか、残留すべきか悩んでおりましたが、私のペースで一緒に転職活動も進めてもらえたので大満足です。 必要な情報、私が不安に思っていることをきちんと情報収集してくださったので安心して転職ができました。 医師転職サイトには一般公開されている「通常の求人」と一般公開されていない「非公開求人」というものがあります。 非公開求人は通常の求人よりも待遇等が良いことが多いのが特徴です。 非公開求人の情報を得るためには医師転職サイトに登録する必要があるので、まずは医師転職サイトに登録して非公開求人についても調べてみてください。 また、JMCには常勤医師以外にも非常勤やスポット勤務、当直アルバイト等の求人情報が多数掲載されているので、転職を検討している医師の方以外にもお勧めですよ。 サイトでも謳っているように、8割以上が非公開求人となっています。 求人を検索しても、どこの詳しいエリアや募集要項はわかりません。 ざっくりした条件で検索して、あとは直接の問い合わせがオススメです。 匿名で掲載されている求人の他に、未公開の求人、新着求人も個別に案内してもらえるようになります。 機械的なマッチングを行って短期的な転職成功で終わらせるのではなく、長期的な医師キャリアの成功を考えて転職支援を行ってくれるので、複数のエージェントに登録した医師でも最終的にはJMCで転職を決められる方が多いそうです。 JMCの運営のモットーに「しつこくしない」「押し付けない」が掲げられており、転職を無理強いされる心配はありません。 医師で転職を考えられておられるならぜひチェックしてみてください。

ヤフ-仕事カタログより引用

 

親の介護で地元へ帰らなければいけなくなったのですが、大学入学からずっと愛知県で生活をしていたので、地元埼玉での人的コネクションもなく困っていた時にJMCへ相談をしました。私の希望としては、専門医資格の取得がまだだったので、症例数が豊富な認定施設でかつ実家から通いやすいところという病院を探してもらうことになりました。

担当エージェントの方は私の実家周辺の地理にかなり明るく、立地的にも労働条件でもかなり希望通りの案件を、いくつか提案してくれました。諸条件もわかりやすくまとめてくれたので比較し易く、自分が思っていたよりも早く意思決定をすることができ、スムーズに転職を済ますことができてとても助かりました。知り合いにも是非勧めたいエージェントです。

JMC(日本メディカルコネクション)公式サイトより

 

定年を迎えるにあたって、次のステージでもバリバリ働きたいと考えていた一方で、これまで単身赴任の生活を続けていたため、奥様との時間も大切にしていく時期ではないかと考えられておられました。

また、副院長・院長と歴任してきた経歴があり、役職への拘りも捨てきれずにいらっしゃるようでした。

ご年齢の部分とポジションがマッチする求人を獲得できずにいた中、療養型病院や老健施設など高齢者医療に特化しているA法人より新規開設病院から、開設にあたって院長に相応しい人がいれば、外部から招へいしたいという案件がありました。

条件は週4日 1,800万円 当直は免除でした。都心の好立地の病院のため、大学からの医師で当直はまかなえるという事でした。

これであれば、奥様との時間も十分作れるという事で、快諾して頂けました。

引用元:医師求人のJMC医師転職支援サービス(https://dr-ar-navi.jp/pages/consultant/agent_i/episode03)
本当に満足できる精神科医の転職3ステップnavi

 

妊娠を機に、出産→育児を無理なくこなしながら勤務を続けるために転職を考えるようになりました。JMCに登録してまず紹介されたのは、都内にある通勤に便の良い病院。条件も良かったので見学に行ってみると病院自体は古く、第一印象はあまりよくありませんでした(笑)。しかしお話を聞いてみると、産休→育休→時短復帰を経て働かれている女性医師が多いのに驚きました。育休などからの復帰実績が多く、そのような女性医師が自然と集まるとのこと。それを聞いてからは大変心強く感じ、最初の古い印象は全く気にならなくなりました(笑)。立地も、住まい・実家からのどちらからも便が良く、その後はすぐに話を進めてもらいました。

出産後は非常勤で働いていたのですが、近々時短で常勤勤務に戻す予定です!

JMC(日本メディカルコネクション)公式サイトより

 

東京に在籍するコンサルタント。でも、動くのはコンサルタントだけではありません。

JMCのトップ、つまり経営者も自分で病院に訪問しては医師求人獲得に動きます。中でも”産業医”の求人はほかのエージェントよりも中身が濃いカモ。

それだけではありません。強いのが常勤求人。スポットや非常勤よりも常勤に重きを置いているため、転職回数が少ない方にはお勧めなのです。

例えば、初めての転職希望だったり、地方から都心部への転職、または2度目や3度目で失敗したくないという方がよく利用されるのです。

転職カモ より引用

 

「緊急の予定が入ることが多い業務なので、どうしてもスケジュールの調整がしづらかったです。そのせいで、エージェントの方には迷惑をかけたこともしばしばでした。その都度、すぐに調整をし直してくれてとても助かりました。その調整力と共に、辛抱強く対応してくれたことに感謝しています。こちらのペースに合わせて進めてくれたので、ストレスを感じることなく職場を移れました。」

 MIDICAR(メディキャル)より

 

常勤転職に強い!非常勤求人は全体の3割と少なめ
求人情報を共有する企業連携は一切行っていないため全て独自の求人。
公式サイトで掲載されている非常勤の求人は2916件と常勤と比較して少なめです。

医師に人気の産業医求人は41件掲載があり、エムスリーキャリアエージェントの19件、リクルートドクターズキャリアの35件を上回っています。
jmc代表自らが産業医専門のエージェントとして活動していて、産業医求人獲得のためのコネクションづくりをしているため今後の求人数の伸びにも期待できそうです。

転職のリアコミさんより引用

 

私は20年近く大学関連の外科にて勤務をしてきましたが、これからのキャリアは今まで培ってきたスキルをアウトプットしていきたいと考えて、医局を出る決心をしました。

これまで磨いてきた技術に自負もありますし、自分のこれまでの集大成となり得る職場を希望し、病院全体がやる気にみなぎっていて自分を高く評価してくれる施設を出来るだけ自宅の近場で、というわがままな条件を恥ずかしながら主張してJMCに依頼をしました。

正直、どれだけの求人が出てくるか半信半疑だったのですが、JMCのエージェントは初回から質の高い求人を投げてきてくれて、ほぼ最初の希望通りの施設に転職をすることができました。

もちろん、求人を出している医療機関がある、というだけでは話が進むはずもなく、条件交渉など入職に至るまでは紆余曲折ありなかなかタフだったのですが、JMCのエージェントはその時々のタイミングでとても良い動きをしてくれて、彼がいなかったらこの話はまとまらなかっただろうとすら思っています。本当に感謝しています。ありがとうございました。

JMC(日本メディカルコネクション)公式サイトより

 

jmcでは医師と求人先の医療機関の両方を1人が担当していて、求人情報は女性が中心・QOL重視といったことまで求職者に対して情報提供してくれます

相談者のキャリアに基づいた適正年収を算出し、この客観的なデータも基準にして求人を探します。

転職先に対する条件の整理、求人探し、書類作成、面接等の日程調整、入職書類の作成など忙しい医師をしっかりサポート。好条件・高額年収の交渉はもちろん、希望条件に見合う求人を病院と交渉して開拓してくれることも。

常勤転職を希望の医師の方に特におすすめです。

転職のリアコミさんより引用

 

登録直後にメールで返信をくれ、翌日に電話面談だったことに加え、こちらからの質問に対する反応も早かったです。電話面談の後に再提案頼んだところ、すぐに追加での案件を提案してくれました。

JMCに登録した当時、そこまで強く転職を希望していたわけではありませんでした。しかし、求人を見ているうちに転職したくなるほど適切な提案をしてくれました。ひとつひとつ、クリニックの雰囲気までメモで記載してくれていたため、病院内部についての知識も豊富なのだと思えました。

会話した雰囲気が淡白だったので「これで要望は伝わったのかな?」と心配でしたが、こちらの希望の意図や背景まで汲み取った求人を提案してくれました。ボリュームある提案で、見たときに驚いた程です。ビックリしました。

この前に利用したリクルートも悪くなかったのですが、JMCと比べると差があるように感じました。4つほど求人を提案頂きましたが、「常勤で週4勤務も可能か?、または非常勤はあるが、QOL重視か」などで再提案や追加お願いしたところ、細かく提案していただき大満足です。

おすすめの医師転職サイトは?より引用

JMC医師転職支援サービス口コミ評判いかがだったでしょうか?

JMCサイト内でも、8割以上が非公開求人となっています。 匿名で掲載されている求人の他に、未公開の求人、新着求人も個別に案内してもらえるようになります。

JMCのモットーに「しつこくしない」「押し付けない」が掲げられており、転職を無理強いされる心配はありません。 医師で転職を考えられておられるならぜひチェックしてみてください。

転職をお考えのあなたに何かしら参考になれば嬉しく思います。

【JMC】日本メディカルコネクション

 

JMCが医師の方に選ばれる理由

1・JMCは多くの医療関係者方から頼りにされている事実!

月間で100名を超えるドクターから求職のご相談をいただいています。

全国6,000施設を超える医療機関や企業から医師採用のご相談をいただいています。

※件数は2016年7月時点のデータ

2・他社にないユニークな求人が多数!

長年の信頼がある懇意にしている医療機関や企業から、いち早く新規求人をいただけます。

医師のご希望を元に求人開拓をするため、他社には存在しない求人が多数

3・経験豊富なエージェントが多数在籍!

医療業界のみならず、様々な業種を経験した優秀なエージェントが多数在籍しています。

レベルが高い専任のエージェントが、医師の希望を聞き取りし、求人開拓をしています。

大手紹介会社特有の機械的なマッチングではなくアナログ方式でやっています。

(弊社のエージェントは「法人」「個人」の両者を1人で担当しております)

4・登録者限定の非公開求人多数

JMCに寄せられる求人のうち、8割が非公開求人となっています。

JMCに非公開求人が多い理由は、エージェント達が採用担当者から「医師求人ならJMC」と信頼されている証です。また、美味しい求人情報は、エージェントが気にかけている医師に真っ先に流れます。そのため、日頃から特定のエージェントとつながりを持っておくことが重要です。

是非、これを機会にJMCのエージェントとコミュニケーションをとってみてください。

 

非公開求人について

医療機関や企業が医師の求人を出す際に、公にしたくないポジションを募集する場合や緊急性を要する場合、求人サイト上では募集せず、専任のエージェントに依頼するケースが多くなっています。その際、採用担当者は、信頼のおけるエージェントに全てを任せます。医療機関や企業とのパイプが太いエージェントには希少な情報が多く流れてきます。

 

​転職を成功させるための3つのコツ

コンサルタントを有効活用

希望条件をコンサルタントに伝え、転職の条件交渉をできる体制を作りましょう。コンサルタントを通じて年収などの勤務条件を交渉できることがエージェントを使う最大のメリットです。ただ、コンサルタントの能力には当然個人差がありますので、複数のサイトを使ってみて、自分にメリットのある人を選んでいくことも重要です。

自分の希望をしっかり伝える

良い求人が見つかってから応募するようでは、良い求人には出会えません。求人サイトのコンサルタントも自分の営業成績のため、取り合いになるような好条件の求人が来たら、すでに希望やスキルをヒアリング済の登録者にスピード勝負で紹介を行います。つまり、良い求人募集が発生した段階でコンサルタントに紹介しもらえる状態である必要があります。仕事を探したいと思った時点で、まずは求人サイトに登録して希望条件を伝えておきましょう。

複数のサイトに登録

求人サイトによって保有する求人には差があります。ベストな求人を見つけるには必ず複数サイトで比較し、好求人を見逃さないようにしましょう。登録・利用は完全無料なので、まずは登録して使ってみましょう。

 


 

JMC医師転職支援サービスまとめ

JMCは経験豊富なエージェントが集うプロフェッショナル集団です。社歴は浅いですが、個々のエージェントの経験年数は業界トップレベルです。

転職先に対する条件の整理、求人探し、書類作成、面接等の日程調整、入職書類の作成など忙しい医師をしっかりサポート、好条件・高額年収の交渉はもちろん、希望条件に見合う求人を病院と交渉してくれます。

JMCはベテランエージェントが対応していることを強みとしています。対応の一例として、ホスピタリティを重視するので、医師に対してしつこく連絡しないことや、より適切なマッチングのためエージェントは病院側と医師側の両者に対応している等、ソフト面を重視した細やかなサポートが期待できます。

機械的なマッチングを行って短期的な転職成功で終わらせるのではなく、長期的な医師キャリアの成功を考えて転職支援を行ってくれるので、複数のエージェントに登録した医師でも最終的にはJMCで転職を決められる方が多いのです。

今回の調査の結果JMC(日本メディカルコネクション)は無料で利用できますので医師の皆さん、安心して積極的に利用してくださいね。

 



 

今回も最後まで読んでがいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考にしたサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました