初めての転職は民間医局へ 医師が転職活動で行いがちな失敗とは?

初めての転職には不安や悩むことが多いと思います。

実際に転職して医師が失敗したと感じるのは、どのような理由が多いのでしょうか?

初めての転職なら尚更不安ですよね!

初めての転職をしっかりサポートしてくれる民間医局なら安心して転職が出来そうですよ。



勤務条件や勤務内容が聞いていた話と違う

  • ボーナスの加算やインセンティブが契約書に記載されておらず、支給されなかった」
  • 「勤務時間や勤務内容、残業手当の有無など、入職時に聞いていた話が反故にされた」
  • 「役職の付かない一般職員にも関わらず、転職してすぐに、雇用保険には入れないと言われた。面接時、にこにこして愛想のいい事務長は信用できない」
  • 「小児科医なので成人は診療できないと話していたのに、入職後は成人の診療をさせられる」

事前の確認不足で失敗

  • 「情報収集が足りなかった。いきなり常勤ではなく非常勤で雰囲気を知ってからにするなど、じっくり検討すべきだった」
  • 給与体系が不透明なまま転職してしまった」
  • 「勤務先が医師賠償責任保険に加入していなかった
  • 「転職前に金銭面や福利厚生を確認しておけばよかった。ただ、雇われる側としては聞きにくい。入職してから育休がとれないこと、時短だと給与が想定より下がることを知った」

上司、同僚が…職場環境 人間関係が・・・

  • 「上司の人格が最低で、職場の雰囲気は最悪
  • 「入職前に医師が1人辞めると聞いていたが、入職から2週間後、『あと2人辞めます』と言われて、愕然とした」
  • 「入職後に変な上司が医局から来て、その人が嫌でみんな辞めてしまい、常勤医が一時不足した」

入職後にギャップを感じた

  • 「実際に勤務してはじめて、おかしな職場だと感じた」
  • 雑用や時間外のミーティングがあった」
  • 「役職に魅力を感じて転職したが、あまりの責任の重さに潰されそうになった」
  • 「何回か見学に行かないと医局の雰囲気はわからないし、何箇所か見学して比較しないとわからないこともあると思う」
  • 当直や待機のノルマが想像よりきつかった」

いかがでしたか?転職失敗事例を紹介しました。

転職後に後悔しないためには、何に気を付ければいいのでしょうか。

転職活動をする際に気を付けたい、3つのポイント

勤務条件・内容が希望に見合っているか確認する

提示された給与が勤務内容と見合っているかどうかは、転職先を決める際の重要なポイントです。どれだけ給与が高くても、激務で疲弊したり、仕事がつまらないと感じたりしては、元も子もありません。

転職する医師の中には、「年収は前職より下がるが、勤務日数や時間が減り、時給単位では給与が大幅にアップ」という転職先を選ぶ方も少なくないです。
ご自身のキャリアプランに合わせて、働き方と報酬のバランスを考えると良いでしょう。

雇用契約書を必ず交わす

転職など一部では、口頭でしか条件を伝えられないケースもあるようです。
必ず書面で確認するようにしましょう。

人材紹介会社を利用した転職では、紹介会社に採用条件を書面で明示することが法律で定められています。
雇用契約書とは別ですが、事前に医療機関と合意した採用条件を確認することができるため、安心です。

転職先について事前に情報収集する事

常勤医の人数、主治医制かどうか、当直の忙しさといった診療面はもちろん、有給休暇の取りやすさや人間関係についても事前に把握しておきたいものです。

転職先に友人・知人がいれば事前に情報収集することもできますが、そうした伝手のある転職ばかりではありません。

そんなときにおすすめなのは、転職エージェントの利用です。転職エージェントは多数の医療機関と取り引きがあり、面接や病院見学だけではわからないことも相談できます。
さらに、同じ人材紹介会社経由で過去に転職した医師がいれば、内情を聞いてもらえる場合もあります。

 



 

まとめ

転職って、人生の分岐点です。 今の現状に満足してますか?。

「民間医局」ならあなたが本当に働きたい希望する転職先がみつかります。

はじめての転職で何から手を付けたらいいかわからない場合は、民間医局にご相談ください。

キャリアプランの見直しから求人紹介、面接同行や条件交渉まで専任のエージェントが先生の転職活動をサポートします。

特に女性医師のサポートには定評があり、配偶者の転勤、出産・育児など、女性医師が体験するライフイベントを含むキャリア&ライフを支援するためにさまざまなサービスを提供しています。


参考にした記事はこちら民間医局

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本サイト掲載の記事の一部では下記リンクを参考として情報発信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました